KentoAkutagawa芥川 建斗

2013年4月 新卒入社

建築事業部
施工管理

先輩社員インタビュー

好きな家づくりに携わり、お客様を笑顔にしたい。
「すべての経験が糧になる」お客様のために日々奮闘。

キャリアプラン

  • 2013年4月 入社

    建築事業部 新築営業

  • 2014年4月

    建築事業部 施工管理

入社前の経歴

  • 大同大学 工学部 卒業

  • アイジーコンサルティング入社

どんな就職活動だった?また入社動機は?

祖父が大工をしており、幼い頃から大工になりたい・住宅に携わる仕事がしたいと思っていたのですが、将来を見据えた時に長く現場で活躍できる現場監督の方が良いと祖父・両親に勧められまして 笑。就職活動は「現場監督」を募集している企業しか受けていません。また、私は地元浜松も大好きで、地元で働きたいという気持ちが強く、地域密着の工務店を探していました。

アイジーコンサルティングに入りたいと思った動機はズバリ採用担当の方々の雰囲気です。他社の説明会に参加させて頂いた時は、皆さん笑顔がなく、暗い将来しか見えませんでした。そんな時に企業展でアイジーコンサルティングに出会いました。

採用担当の方もフレンドリーに話しかけてくだりさ、こんな会社で働いてみたいと感じました。そして、説明会に参加し、「ここしかない!」と思いました。笑顔が絶えない説明会は初めてでしたね。内定を頂いときは、迷わず入社を決めました。

どんな新人だった?その仕事内容は?

1年目は施工管理ではなく、営業として勉強させていただきました。 主には営業として見学会のリーダーをやらせていただき、見学会運営を行っていました。 建築業界での見学会は集客の大事なイベントとなるので、大きなところを新人の私にまかせていただき、試行錯誤しながらやっていましたね。接客も行い、お客様と直接お話しする事で、コミュニケーションの仕方なども学ばせていただきました。

実は、営業をやることになった時に「施工管理をやりたくて入社したのに・・・」と最初は受け入れられず、落ち込んでいたのです。そんな時、施工管理の先輩が、「営業経験が必ず施工管理をする上での糧になる」と、私の気持ちを理解したうえで親身になって話をしてくれて。まずは営業を頑張ろうと思い、前向きになれましたね。

そして、2年目からは念願の施工管理に異動することができました。しかし、振り返ってみると施工管理になる前に営業を経験出来てよかったなと思います。最初から施工管理に入るよりも違う見方を持った営業で勉強できたことが今後大きく変わってくると思います。お客様に対する接し方、視野も広がりました。今はいい経験をさせて頂くことが出来たなと思います。

仕事へのモチベーションの源泉はズバリ何?

今のモチベーションはズバリお客様の喜び・感動・笑顔です。 家の引渡しの際にお客様が感動し、喜びに溢れた姿を見た瞬間は、なんとも言えません。モチベーションに繋がります。

家は一生に一度の事です。その大切な家づくりに携われること、任せていただけること、そして何より喜んでもらえること。家づくりがお客様にとって良い思い出となり、感動をしてもらえたらいいなと思うのです。本当にやりがいにあふれた仕事です。 お客様の喜んでいる顔を見るともっと喜ばせたいと思います。考えるだけでワクワクします。現在担当しているお客様にも何か喜んでもらえる事はないかと常に考え中です。

あなたにとってアイジーコンサルティングとは?また今後の目標・ビジョンを教えてください。

今はまだ、1つ1つの仕事のスピードが遅く、なかなか多くの物件を持つことが出来ませんが、多くの物件を持ち、たくさんのお客様と触れ合っていきたいです。 今、尊敬する先輩がいます。周りから先生と呼ばれるほど信頼されており、目標の人でもあります。その先輩を飛び越えていく事が第一目標です。そして現場監督という仕事を極めていき、より多くのお客様を笑顔にしていきたいです。

私は、自社の家に自信を持っています。合板を使用せず性能も品質も、お客様にとって本当によい住宅だと思います。アイジースタイルハウスを選んでくださったお客様に喜んでもらえるよう、感動して頂けるよう、現場監督のスペシャリストになります。