DaikiTakagi高木 大貴

2013年4月 新卒入社

メンテナンス事業部
アフターサービス

先輩社員インタビュー

かの役に立ちたい、喜んでもらいたい。
やりがいを持ち楽しく働ける、それがアイジーコンサルティングです。

キャリアプラン

  • 2013年4月 入社

    メンテナンス事業部 アフターサービス 

入社前の経歴

  • 中京大学 文学部 卒業

  • アイジーコンサルティング入社

どんな就職活動だった?また入社動機は?

「数撃てば当たる」戦法で、とにかく気になった会社の選考には必ず参加していました。そこで直感で判断し、就職活動をしていきました。面接で、「楽しいな、次の面接も行きたいな」と思うと、不思議と選考を通過していたんですよね。アイジーコンサルティングの面接も、その時間が楽しく、とても魅力的でした。

実は、就職活動と同時に警察の試験も受けており、内定をいただいていました。警察は、市民に頼られる存在でカッコ良い職業で、憧れを持っていたのです。

最終的に、アイジーコンサルティングと警察のどちらも魅力的で、選択に迷ったのですが、決め手となったのは「社員の方々の人柄」です。アイジーコンサルティングの方が、自分が楽しく働いている姿が想像できたのです。直観を信じて入社しました。 。

どんな新人だった?その仕事内容は?

先輩に「生意気だ!」とよく言われましたね。私は固い感じなので、言葉数少なく意見だけはっきりと伝えていたから可愛げがなかったかもかもしれませんね。笑
また、新人時代に、挨拶だけは誰よりも丁寧にするようも心掛けていました。入社直後の研修で、挨拶の大切さを実感したからだとからです。いくら技術の習得や成長が遅くとも、これだけは貫こうと思い、実践していましたね。
仕事内容はシロアリ防除工事が中心ですが、床下に調湿剤を敷いたり、換気扇や風窓を取り付けたり、家の床下の環境を守る全てのことが仕事です。はじめは施工技術という仕事も分からず、床下での作業はキツイ感じていましたが、1人で現場を任せられるようになり、やりがいを感じるようになりました。
施工技術の同期入社は3名いたのですが、1人での現場デビューを誰が一番早くできるか、競っていました。そして私が一番でした!初めはなかなか上手くいかないこともありましたが、同期で励まし合い、切磋琢磨して共に高めあってきました。良きライバルの存在が、私を奮起させていましたね。

仕事のやりがいはどんなところにありますか?

仕事へのモチベーションはお客様にご満足頂けたときの反応、自分の成長と達成感です。施工で訪問した際に仏頂面だったご主人様が、施工が終わった後に笑顔で応対してくれる。そんな瞬間は、施工・サービスに満足していただけたのだと実感でき、嬉しくなりモチベーションがあがります。

はじめて一人で施工を任された現場で、お客様に住宅メンテナンスについて質問を受けたのですが、その場でお答えできませんでした。私の勉強不足ですよね。それが心残りで、事務所に戻り、自分で調べてお客様にお伝えしたところ、後日、「実際にやってみたよ!」とお客様がわざわざお電話をくださったのです。その時は、お客様の役に立ったのを実感し、とても嬉しかったですね。

自分が足りないことがあれば、身に着ける。そうして一歩ずつ成長していきたいなと思います。そして、その結果、「誰かの役に立っている・喜んでもらえている」と感じられた時に、達成感を感じます。やはりお客様が喜んでくれる姿が一番です。

今後の目標・ビジョンを教えてください。

まずは、アフターサービスとしてできることを増やし、もっと仕事の幅を広げていきたいです。そして今後は今の仕事内容に限らず、もっと色々なことをやっていきたいです。アイジーコンサルティングには様々なことにチャレンジする環境があるので、積極的に取り組んでいきたいですね。
それが今やっていることと全く違うことでも人と、人が暮らす住まいを守ることができるなら、それはきっとやるべきことです。